中央化学総合カタログ
12/220

11変形したり穴があくことがありますので、揚げたてのフライなど、熱いものを入れないでください。食品衛生上問題が起きることがありますので、再使用(リユース)をしないでください。変形したり火災の原因となることがありますので、オーブンやグリルで使用しないでください。製品の包装を開封した場合は、密封できるポリ袋等に入れて保管してください。火災や変形の原因となることがありますので、火気や熱源のそばに置かないでください。調理台の下など、はね水がかかることのある場所での保管は避けてください。容器の縁で指先等を切ることがありますので、取扱にご注意ください。変形・変質を起こすことがありますので、直射日光・高温・高湿下での保管を避けてください。破損する可能性がありますので容器を強く押さないでください。廃棄は自治体等が定める法令に従ってください。中央化学の食品容器は、食品衛生法厚生省告示第370号の衛生試験に合格しています。また、ポリオレフィン等衛生協議会が定めた自主規制基準に合格しています。左記マークは安全性を保証する合格マークで、F69は中央化学の会員番号です。■安全で衛生的中央化学のプラスチック製食品包装容器は、業界の衛生自主基準に適合した安全で衛生的な製品です。また、社内の分析センターにて厳重にチェックを行ない、常に高品質な製品をご提供しています。ポリスチレン系素材の注意事項●かんきつ類の皮やMCT油等の特殊な油脂成分により変質、脆化することがありますのでこれらと直接接触する使用をお控えください。(耐熱PSPでもPPフィルムをラミネートしていない容器の外側は同様のご注意が必要です。)●アルコール類に長期間接触すると白化する恐れがありますのでご注意ください。●塩化ビニル製ラップフィルムを使用した場合、ラップに含まれる可塑剤の影響により変質、脆化することがありますのでご注意ください。アルミ蒸着製品の使用上の注意●素材名が「DX」の製品、または色柄が「G」「SV」「菊」の製品はアルミ蒸着製品です。●スパークをおこし容器や機器を破損させることがありますので電子レンジで使用しないでください。●アルミ蒸着容器を使用して販売する場合には、シール等で電子レンジ使用不可の注意をお願いします。●金属検出機で検査を実施される場合は反応する場合があります。中央化学のプラスチック製食品包装容器の素材と特性中央化学では、環境に配慮した安心・安全な素材開発から、さまざまなニーズに対応できる多彩な食品容器をバリエーション豊かに取り揃えています。お取り扱い上の注意製品取扱上の注意■環境保全に配慮プラスチック製食品包装容器は、紙や木などの素材に代わるものとして資源保護に役立っていますが、中央化学ではプラスチックそのものの使用量を減らした省資源素材として、「CT」・「CTF」・「タルコン」・「SD」の素材を独自に開発しています。また、全ての食品に安心してお使いいただける環境に配慮したリサイクル製品「CHUO A-PET GREEN」にも力を入れています。■多彩なバリエーション大きさ・深さ・形状・材質・色柄など、製品バリエーションが豊富に揃っているため、用途に合わせた最適な容器を自由に選択できます。また、機能性を意識した形状にこだわり、見た目だけでなく陳列や盛り付け時などで使い勝手の良い製品づくりを目指しています。電子レンジ使用上の注意●内容物によっては容器が破損・変形することがありますので、必ず実際に盛りつける食材でテストを実施して適正な加熱条件を設定してください。●適正な加熱条件に於いても、場合によっては容器が柔らかくなることがありますので、取扱にご注意ください。●電子レンジで温めていただくことはできますが、調理目的で使用しないでください。●製品毎に設定されているワット数、加熱時間の目安を守ってご使用ください。●必要に応じて蓋は外してください。●加熱時間が不明な場合は一度に長時間の加熱を避け、温まり具合を確認しながら少しづつ加熱してください。耐寒性について●冷凍保管、輸送を想定し、弊社基準に基いて評価しておりますが、輸送条件により異なりますので事前に弊社営業部担当にお問い合わせください。●使用する環境・食材にて必ずテストを行ってからご使用ください。!

元のページ  ../index.html#12

このブックを見る